為替デリバティブ被害の被害4割と遅延損害金総額6900万円を回復した判決(東京地裁)

東京地裁平成28年4月15日判決(当事務所は原告側代理人) 神奈川県内の中堅企業が、三菱東京UFJ銀行から紹介された被告である三菱UFJモルガン・スタンレー証券より、「クーポンスワップ取引」と呼ばれる …

続きを読む

実損害額の8割の支払いを受けて解決

証券会社の勧誘により、単価変動リスク及び為替変動リスクを有する外債を購入した投資家が、証券会社営業担当者が単価変動リスクを説明せず、かつ投資家が外債を購入した後も、単価変動を考慮しない虚偽の価格を伝え …

続きを読む

850万円の支払いを受けて解決した事例

小学校教員が、商品先物取引業者に勧誘されるまま、商品先物取引で約1600万円の損失を被った事件で、示談交渉及び東京簡易裁判所にて調停申立の結果、850万円の支払いを受けて解決した。

続きを読む

2000万円の支払いを受けて解決した事例

準大手証券会社が信用取引等の株式取引の勧誘を行って約1億円の損失が発生した事件において、東京地裁が損失拡大防止義務違反を認めて1700万円強の賠償を証券会社に命じ、その後、東京高裁にて、2000万円を …

続きを読む

海外商品先物取引の勧誘を受けた女性が約2800万円の損害を被った事件

相談後に当事務所にて営業担当者との会話を録音し、その後損害賠償請求を求める旨の通知書を発送した。 相手方業者の弁護士と交渉し、受任から約1か月後に、相手方業者が2500万円の支払いを認め、かつ業者の代 …

続きを読む

7200万円の支払いを受けて解決

外資系証券会社が証券化商品を販売して、1億円強の損失が発生した事件において、東京地裁で和解が成立し、損害金額の7割強である7200万円の支払いを受けて解決した(当事務所は顧客側代理人)。

続きを読む

約2億円の損害を被った事件

30歳代の男性が父親の経営する会社からの貸付金等を原資として商品先物取引を行い、約2億円の損害を被った事件 当事務所が受任する前に3000万円の支払いによる和解案を打診されたが、和解に応じた方が良いの …

続きを読む